管楽器修理工房の管楽器修理実績と記録

管楽器修理工房の記録

ムラマツフルート 新旧タンポの違い 記録_3

Lastmod: 2020-06-20
memo

ムラマツフルートのタンポの違い

タンポ交換の必要な修理には、タンポ仕様の情報は非常に重要で、料金も大きく異なってきます。(新タンポ仕様のほうが高い)

ムラマツフルートのタンポには、新タンポと旧タンポがあります。

新旧のタンポ仕様によってパーツ代もかなり違ってきます。

単純に、モデル・外観では判別もむずかしくなります。

EXモデル(刻印あり)でも、製造時期で混在していることがあります。

M-85やM-120のように、1980年ごろのムラマツフルートは旧タンポ仕様で現在のようにモデルの刻印が無く、その当時は頭部管などにモデルが認識できるシールを貼っていたため、剥がれてモデル不明ということも多いです。

正確な新旧タンポの判別は、タンポの取り外しが必須です。

ムラマツフルートの新タンポ

ムラマツフルートの新タンポ外観 画像1

ムラマツフルートの新タンポ 画像2

ムラマツフルートの新タンポ 画像3

ムラマツフルートの新タンポ 画像4

ムラマツフルートの旧タンポ

ムラマツフルートの旧タンポ 画像1

ムラマツフルートの旧タンポ 画像2

ムラマツフルートの旧タンポ 画像3

タンポを取り外して裏側をみると、金属リングの有無で判別しやすいです。

カップ側のネジ・形状などの構造も異なり、旧タンポ構造に新タンポの交換や新タンポ構造へ旧タンポの部分交換などは、タンポの形状も違うため、ムラマツフルートでタンポ交換の必要な修理にはタンポ仕様の正確な情報が非常に重要ポイントです。